» ハーブとは?

ハーブとは?

ハーブ(herb)という言葉はもともとはラテン語で草木の事を言い、大抵の場合、ヨーロッパなどでは薬として用いられたり、スパイス等として利用できる草全般の事を言います。シンプルに言うと人々の生活に役立つ植物全般はハーブということになります。例としてブラックペッパーや唐辛子に少し使われている草もハーブということになりますし、アロマオイルのようにリラックスに使う為であったり、香料として用いられるのもハーブになります。
わかりやすい利用方法はハーブティーかもしれませんね。またハーブとして利用する時にフィーバーフュー(マトリカリア)といった名前が一般的な植物名とは別に、その名前を持つものも多いくあります。ハーブには効能の強い物が多く、偏頭痛の緩和に良く使用されているフィーバーフューなどが有名です。メディカルハーブと言われているのはこのような使い方をするものを呼びます。生活習慣病にはメディカルハーブが有効だと言われていて、糖尿病や高血圧などの症状を改善してくれるものもあります。ペット用のハーブまで発売されているくらいなので、その効果は広く知られているということになります。



Copyright c 2012 ハーブを効果的に使う為のコツ。これだけ。. All Right Reserved.