» ハーブの効果的使用法

カテゴリー別アーカイブ: ハーブの効果的使用法

ハーブを煎じてデコクションを作る

ミルクパンに水を約500cc入れてから乾燥ハーブ20gを入れる、通常の分量です。それを火にかけて、沸騰するまでそのまま待ちましょう。沸騰したらフタをして、火を弱火にするのを忘れないように見ていましょう。そのまま5分程度茶葉から抽出して火を止めてから約10分程度蒸らしたらもう飲むことが出来ます。
茶漉しなどでハーブを濾して別の容器に移して下さい。

効果得やすいハーブ療法

実は簡単なハーブティーとして使用するよりも効果が得やすいのはハーブ療法という分野になります。

続きはこちら »

ハーブとは?

ハーブ(herb)という言葉はもともとはラテン語で草木の事を言い、大抵の場合、ヨーロッパなどでは薬として用いられたり、スパイス等として利用できる草全般の事を言います。シンプルに言うと人々の生活に役立つ植物全般はハーブということになります。例としてブラックペッパーや唐辛子に少し使われている草もハーブということになりますし、アロマオイルのようにリラックスに使う為であったり、香料として用いられるのもハーブになります。

続きはこちら »

ハーブの効能について

人間の体い効能のある各種植物全てをハーブと呼びます。これだけ利用するなら栽培してみたいと思ったことはないでしょうか。

続きはこちら »



Copyright c 2012 ハーブを効果的に使う為のコツ。これだけ。. All Right Reserved.