» ハーブの効果的使用法

カテゴリー別アーカイブ: ハーブの効果的使用法

効能を摂る方法

ハーブの上手な摂り方で一般的あのはハーブティーで摂取する方法でしょう。病気の改善に利用したいということであればインフュージョン (浸出)やデコクション(煎出)という方法を取るのが一番良いです。

続きはこちら »

成分抽出!インフュージョン

ハーブティーはまず500cc以上を注ぐことができるや紅茶ポットかコーヒーサーバーまたはミルクパンなどがあるといいでしょう。サーバーやポットの場合は最初に温めて、20g程度の乾燥ハーブを入れてからそこに約500ccの熱湯を注ぐのがいいでしょう。その後フタをして、約15分程度蒸らせば簡単に出来上がります。茶漉しなどがあればハーブだけすくい上げて別の容器に移すのがいいでしょう。ミルクパンで入れる場合には、約500ccの水を沸騰させてから火を止め、その中に乾燥ハーブ20gを入れてフタをし、15分程度蒸らして出来上がりという、ほぼ同じような分量とやり方で出来上がります。

続きはこちら »

ハーブを煎じてデコクションを作る

ミルクパンに水を約500cc入れてから乾燥ハーブ20gを入れる、通常の分量です。それを火にかけて、沸騰するまでそのまま待ちましょう。沸騰したらフタをして、火を弱火にするのを忘れないように見ていましょう。そのまま5分程度茶葉から抽出して火を止めてから約10分程度蒸らしたらもう飲むことが出来ます。
茶漉しなどでハーブを濾して別の容器に移して下さい。

効果得やすいハーブ療法

実は簡単なハーブティーとして使用するよりも効果が得やすいのはハーブ療法という分野になります。

続きはこちら »



Copyright c 2012 ハーブを効果的に使う為のコツ。これだけ。. All Right Reserved.