» ハーブの文化と長い歴史

ハーブの文化と長い歴史

ハーブは古くから人々の生活に一般的に使用されてきたましたので長い歴史があります。古くヨーロッパではキリスト教が発祥する以前から使われているので、宗教的にはそれ以前の宗教との繋がりが深いと考えられています。現在でも、ハーブい思い入れが強く、ハーブが庭に生い茂っている家に住む人であったり、ハーブに対して知識が豊富で大事さ、大切さを感じている人を尊敬からハーバリストやハーバルセラピストという名称で呼ぶ事がありますね。

 

ペスト(黒死病)がヨーロッパ中世を襲った際、その蔓延を止めたのもハーブのからくるものと言われ、ローズマリーやセージ、マジョラムなどを酢に漬けて飲用したり、身体に直接つけるとペストの感染を防ぐ効果があったようです。今現在になってからの研究の結果、これらのハーブは免疫力アップする効能があるとわかっており、それは抗酸化作用が強いからといわれています。

 

ハーブのそういった知識と文化はローマ教会(カトリック)の影響の少なく、ローマから距離的にも離れていたイギリスに残りました。現在もイギリスではハーブガーデンといった庭やそれらを始めとしたハーブの知識が多く、イギリスから現在のヨーロッパやアメリカ、世界各地にハーブの知識が輸出されているのです。

 

そういったヨーロッパでさかんであったハーブの知識は、原アメリカ人の先祖であるアメリカ移民にも伝わり、実際原アメリカ人が利用しているハーブにはヨーロッパ原産のセージが含まれています。



Copyright c 2012 ハーブを効果的に使う為のコツ。これだけ。. All Right Reserved.